日本キリスト教連合会公式サイト 


JCCC official site

navigation

 


イメージ
委員長挨拶

 植松誠師

 

 

 

 

日本キリスト教連合会

 委員長 植松 誠

ご挨拶

 主に在る兄弟姉妹の皆様に、主の平和がありますように。
 私は今年6月、日本キリスト教連合会の委員長に就任いたしました日本聖公会の植松誠と申します。現在、私は、日本聖公会北海道教区の主教として札幌に住んでおりますが、20数年前は、日本聖公会管区事務所総主事として、当時の日本キリスト教連合会委員長の亀谷荘司先生(日本福音教会連合検見川教会)をお支えする日キ連事務局として関わらせていただいたことをなつかしく思い出します。
 昨年は戦後70周年の年でした。昨年6月23日には私は沖縄で沖縄戦終結の日を迎え、また8月6日、広島で、8月9日には長崎で原爆投下70周年を迎えました。何がその地で起こったかを思い起こしながら、そのいずれの地でも、いまだに多くの人々が苦しみ、傷つき、痛みを覚えているかを見て、戦争のむごたらしさと平和の尊さを改めて考えさせられました。
 日本のキリスト教会にとって、「戦後」という命題は、いつも大きな意味を持ち、また私たちに日本で宣教する上での課題を投げかけます。日本において、私たちの教会は、どのような教会で、何を大事にし、何を伝え、どのように生きてきたかを振り返り、そしてこれからどのような教会として歩んでいくかを考えるときに、私たちは「戦後」という基軸から離れることはできないと思います。先の大戦で、日本のキリスト教会の多くは、当時の政府の政策に反対することができず、結果的に、戦争に教会を挙げて協力してしまったということを懺悔し、戦後は、「平和の器」として、私たちはキリストの福音に固く立ち、また、教会はいつの時代においても、預言者的使命を持っていることを覚えなければならないと思います。
 私たちの国が、平和憲法のゆえに、戦後70年間、戦争に一度も関わらず、したがって戦争による死者が一人もなかったこと、また他国の人を一人も殺すことがなかったということは、私の出会う海外の人には信じられないほどの驚きを与えます。しかし、平和憲法の解釈を変更して、集団的自衛権行使を可能にする「安全保障関連法案」が昨年国会で採決され、海外に自衛隊を派遣すること、また場合によっては戦闘行為に入ることも今後あり得ることとなりました。改めて、日本のキリスト教会は、「戦後」の基軸の上で、「主の平和」を実現するために召されていることを覚えたいと思います。

(2016年9月)

 

 

事務局住所
(c)日本キリスト教連合会 2017 All Rights Reserved